ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法職講座 法学部法律専門職コースとの連携で、 法律専門職への道を強力サポート 過去5年間で法科大学院に77名、行政書士8名が合格。

弁護士・検察官・裁判官をめざして法科大学院にチャレンジ。 司法書士・行政書士もめざせる。

法科大学院(ロースクール)進学、司法書士や行政書士などの国家試験合格をめざす学生を対象にした講座です。
正課授業では、憲法・民法・刑法の基本三法を中心とした専門科目を学び、法職講座では1年次に法職基礎講座を受講します。また、法学の学力水準を評価する法学検定試験対策の学習を基本に、ステップアップが実感できます。
2年次からは目標に応じた講座で、答練を中心に試験対策を実施。

社会の様々な問題に法律を適用して解決する、 社会的意義と責任ある仕事

"法曹三者"といわれる弁護士・検察官・裁判官は、社会の様々な問題に法律を用いて解決する、社会的意義と責任ある仕事です。一方、司法書士や行政書士といった法律専門職といわれる職種も注目されています。
司法書士は、従来、不動産登記や商業・法人登記業務や簡易裁判所での訴訟の代理をすることができます。また、行政書士は、官庁に提出する書類作成や提出手続などの従来の業務のほか、コンサルタントとしての役割も期待されています。
法曹、司法書士、行政書士に期待されているのは、専門家としての知識や行動だけではありません。法律家として、人々の権利や利益を守るだけでなく、より良い社会を実現することが求められています。いずれも難関試験突破が必要になりますが、目指す価値のある、社会的意義の高い仕事と言えるでしょう。

法職講座でめざす職種

弁護士

依頼人の権利や利益を守りながら、社会で起こる様々な問題を解決する法律の専門家。契約書・遺言書などの法律文書の作成なども行い、最近では企業法務や国際的な取引に関わることも増えています。

検察官

警察と協力して犯罪や事件を捜査し、被疑者を取り調べて起訴・不起訴の判断をします。起訴した場合、裁判で犯罪の立証や違法性を示した上で適正な刑罰を求刑し、下された判決の執行を指揮します。

裁判官

民事、刑事、行政、家庭、少年などの訴訟事件を審査し、事実を認定した上で、法律に基づいて判決を下します。中立の立場で公正な裁判を行い、国民の権利と法秩序を維持するのが職務です。

司法書士

個人や企業が法務局や裁判所に提出しなければならない書類を、代行して作成し手続きをするのが主な仕事。また、依頼人の日常生活の中で法律の知識が必要となる場合に、アドバイスして最善の方法を考えます。

行政書士

個人や企業が官公庁に提出しなければならない書類を代行して作成し手続きを行います。企業設立のための許可や飲食店の営業開始の申請、その他契約書など身近な行政手続きのお手伝いをします。

その他法律知識が必要な仕事

法律に関する職業はほかにも、労働社会保険全般に関する事務・手続きを行う「社会保険労務士」や、土地や建物などの売買、賃貸借の取引を行う「宅地建物取引士」などがあります。

法科大学院に進学するには?

4月~5月初旬 法科大学院の入学希望者は全員、適正試験を受験します / 前期 8月~10月 後期 2月~3月 【個別入試 法学未修者コース】法科大学院で3年間学修を希望する人は、未修者コースを受験。 法律家に必要な文章力が問われる小論文と、面接が行われます。 【個別入試 法学既修者コース】2年間学修の志望者は、「法学既修者試験」の成績提出など各法科大学院により異なります。

モデルケース(Sコースと正課が連携して、法曹・法律専門職志望者をバックアップ)

  • 法科大学院進学モデル
  • 司法書士モデル

1年次

法職基礎講座

2年次

司法試験予備試験 法科大学院入試対策講座
司法書士講座 / 行政書士講座

3年次

司法試験予備試験 法科大学院入試対策講座
司法書士講座 / 行政書士講座

4年次

4年次では適性試験と本試験、それぞれの時期に合わせて徹底指導。 第一志望の合格を強力にバックアップします。

入学試験に挑戦!

司法書士講座 / 行政書士講座

講座学習は試験直前まで続けます。
司法書士の口述試験の対策も実施するなど、あらゆる試験対策を行います。

資格試験に挑戦!

Career Story
公務員・法科大学院・難関国家資格 合格者の声。

資料請求
Sコース(特修講座)に関する資料を無料でお届けいたします。

学び環境・サポート
大阪経済法科大学ならではの資格学習に対する万全のサポート。